正当防衛は成立するのか?過剰は違法?

突然襲われた時、自分の身を守るために相手を攻撃した場合は正当防衛が成立するのでしょうか?

相手を攻撃した場合、自分自身も傷害罪や暴行罪になってしまう事が考えられますが、刑法で正当防衛を主張する事ができますし、正当防衛が認められた場合には違法行為にはならないのです。

正当防衛とは、急迫で不正な侵害から自分や他人の権利を防衛するために止むを得ずなした行為の事であり、防衛のために必要で相当な反撃である事が重要エスよ。

過剰な反撃は正当防衛ではなく過剰防衛になってしまい、裁判所の判断で裁かれる事になり、刑が減らされたり免除される事になるのです。

過剰な場合は正当防衛が成立しない事が考えられますので、反撃する際には注意が必要ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る