道交法で違反されがちな一時停止を守ろう!

スピード違反や一時停止違反の取り締まりは多いと言われていますので、自動車を安全に運転するなら一時停止について理解しておきましょう。

運転していれば止まれの道路標識や道路標示をよく見かけますが、停止線などの手前で一時停止したり、安全確認が必要ですよ。

標識を無視して止まる事なく進んだりするのは違反行為に該当するため、道交法では違反点数と反則金が設けられているのです。

黄色点滅信号の場合には一時停止ではなく速度を落として注意しながらの通行ですが、赤色点滅信号の場合には一時停止する必要がありますよ。

お店などに入る際、歩道を横断する場合にも、歩行者にぶつかってしまわないように一時停止して安全を確認する事が大切なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る