見知らぬ女に婚姻届を提出されてしまう

新郎新婦が婚姻届を提出しようとしたところ、新郎には書類上すでに婚姻届が提出されており、提出しようとしたした婚約をすることができないという状態にあったようです。
そしてその婚約を受理するには現在の婚姻に対する離婚届を受理しなければならないようです。

婚姻届は書類上の不備がなければ印鑑さえあれば1人でも提出をすることが出来るということのようです。必要なものが全てそろっている場合に対し、結婚することが可能なようです。

しかし、離婚する場合にはかなりの労力がかかってしまい、実際こちらの件を解決するために裁判等をおこなっています。
被害者の方はなにも非がないのに対してこのような仕打ちを受けてしまうことになりますので、非常に危険な詐欺です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事