未成年者の飲酒・喫煙で罰せられるのは誰か

過去に未成年悪息子の喫煙をやめさせなかった母親3人が書類送検をされたという事件が有りました。未成年者喫煙禁止法では20歳未満はタバコを酢ってはいけない、親や監督者が辞めさせない場合には科料に処す、販売したものは50万円以下の罰金と言ったような法律があります。

未成年の飲酒や喫煙で罰せられるのは成年者である親や監督者となってしまいます。

コンビニなどでは未成年者と思われる顧客に年齢確認をする場面を見たことがありません。聞いている顧客にしてみれば、なんでそんなに聞くのかと思われるかもしれませんが、こういった法律がありますので、売るには慎重になれなければならないことが背景にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事