刑事事件の示談

刑事事件の示談について解説されており、示談というのは民事上の若いという意味で金銭的な請求によってこれで解決したという合意のことをいいます。
刑事手続きにおいて被疑者、加害者にとって非常に有利な状況となります。

刑事手続きの流れとしては逮捕や拘留のさいには10日~20日程度の拘留の期間が有りますので、その期間で検察官が起訴か不起訴かを判断します。起訴となった場合には裁判がおこなわれ判決が下されます。

示談というのはそれらの流れの中で被疑者側に有利に働く可能性がありますので、起訴の判断の場合には不起訴に裁判の際には無罪や執行猶予などになりやすいといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事