自動運転車の問題点について

アメリカのグーグル社が開発中の自動運転中の車がカルフォルニア州の公道での走行実験中にバスと接触事故を起こしたことによる事故ついてのケースについてです。

道路交通法ではハンドルやブレーキなどの装置を確実に操作する義務などもあり、人に危害を加えるような運転をしてはいけないと定めがあります。
自動車損害賠償保障法では自動車事故を起こした場合には運行供用者に損害賠償責任を負わせています。

運行供用者とは自動車の運転者や自動車のの所有者などが該当します。もし自動運転者の走行を認める場合には新しい法律を作り、運転者を守っていくことが必要があるといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事