交通事故の評価損

評価損とは事故前の車輌の価格と事故後の車輌の価格の差額のことをいいます。被害車輌の修理をしても外観や機能に欠陥が残ってしまう場合やじこれきによって価値が下がってしまう場合などによって評価損が発生しているということになります。

評価損については裁判官の個人的見解がありますので、一概にどの場合ができる、あるいはできないといった線引きはむずかしいですが、普通に事故で物損が生じた際にはほとんどの場合には認められない可能性が高いと解説されています。

損傷が大きかったりまた希少価値の高い車で合ったり等であれば認められる可能性がありますので、被害者としては、評価損については主張はしていくということでよいとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事