兒玉総合法律事務所

交通事故において保険会社の定時金額は弁護士が入って示談交渉をする金額に比べて非常に低い金額になっている場合が非常に多いです。保険会社は残念ながら必ずしも被害者の方をおもっての賠償金額を決定するわけではないのです。

保険会社側からしてみれば賠償金額は安く抑えたいという暗黙のルールがあり、また交渉のプロですので、一般の方が交渉をしても確実に負けてしまうことがほとんどで適正な賠償金が支払われていないというのが現実です。

差額が出た時のみ、報酬金が発生するので、いい加減な事件処理をすれば事務所には報酬金は発生しないことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事